[ JAN-JAN VAN ESSCHE 18AW ]


今週のLANTIKImericanwharfからのレコメンドは、先日より店頭に並んでおります “JAN-JAN VAN ESSCHE 18AW”
同ブランドのアイテム同士によるレイヤードが放つ世界観にフォーカス。

秋冬に向けて重ね着の美しさを感じていただければと思います。









“STYLE01”





■ JAN-JAN VAN ESSCHE / SHIRT#66 SHIRTS-JACKET ¥58,000+tax (▲)
■ JAN-JAN VAN ESSCHE / SHIRT#66 SHIRTS-JACKET ¥61,000+tax (▲)
■ JAN-JAN VAN ESSCHE / TROUSERS#47 WORKER TROUSER ¥69,000+tax (▲)


まずは異素材同色のシャツとパンツのセットアップ。
拘り抜かれたパターンメイキングから成る立体的なシルエットに注目。
トップスは、シャツとしてはもちろんですが、前開けでシャツジャケットとしてもオススメです。
どちらもハリのあるコットン素材、着用に伴う変化も楽しみなアイテム。

















“STYLE02”





■ JAN-JAN VAN ESSCHE / SWEAT#39 WoVEN SWEAT SHIRTS ¥67,000+tax (▲)


“STYLE01”のセットにスウェットを重ねる。1枚重ねることで少し抜け感のある見え方に。
ゆったりと取られた身幅/袖丈に対して、シャープに切り込んだVネックが首周りを引き締めます。
醍醐味はインナーとの組み合わせ。インナーとなったシャツの襟元がより一層映えます。

















“STYLE03”



■ JAN-JAN VAN ESSCHE / COAT#18 KIMONO COAT ¥152,000+tax (▲)


そして最後にコートを羽織る。一線を画したオーラを纏うコート。
名前の通り、生地がサイドに入り込むような裾元と襟周りのディティールは、JAN-JAN VAN ESSCHEの解釈する着物の世界観。
帯でウエスト周りを絞った際に生まれる生地の動きにも是非注目して頂ければと思います。

















“STYLE04”



■ JAN-JAN VAN ESSCHE / COAT#18 KIMONO COAT ¥152,000+tax (▲)
■ JAN-JAN VAN ESSCHE / TROUSERS#46 WIDE LEGGED TROUSER ¥69,000+tax (▲)


こちらはトラウザーもチェンジ。リネンとウールの混紡生地による落ち感が印象的です。
すっきりとした収まりの腰周り、ポケット周りの生地の取り方から生まれる自然なワイドシルエットです。
ダークトーンのストライプは、プレーンな色遣いにも絶妙に馴染みます。

















“STYLE05”




首元のレイヤードにフォーカス。「シャツ+スウェット+コート」
文字にすると至ってシンプルな組み合わせですが、計算されたVラインの見え方は圧巻の一言。
それぞれのアイテムの良さがバランスよく引き出されています。



着用枚数が増える秋冬だからこそ、インナーからアウターに至るまで拘りたいものですね。
















※こちらに掲載のアイテムに関するお問い合わせは下記まで
LANTIKI Mericanwharf(▲) (078)393-0985







LANTIKImarket west+east:LANTIKI MERICANWHARF Category
→ http://lantiki.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=444602&sort=n
















※毎週配信、メルマガLANTIKI通信スタート! ご登録まだの方はコチラより →









(C) Copyright LANTIKI. All Rights Reserved.
サイト内の文章・画像などの著作物は株式会社ワークトゥギャザーロックトゥギャザーに属します。文章・写真などの複製や無断転載を禁止します。